古着リサイクル関連事業
| 1ページ2ページ3ページ
回収
古着リサイクル活動のスタート地点は各家庭であることに間違いありません。様々な素材が複雑に交じり合っている繊維製品。家庭の中でその素材ごとの活用が考えられれば、焼却処分されている古着の多くが資源として活用できるようになると私達は考えています。
これまでの市民団体の活動の中でも、形を変えずにもう一度使っていただくリユースへの取り組みは行われてきました。しかし、リユースだけでは活かしきれない部分を如何に資源として有効に活用していくか・・・私たちが立ち向かってきた最大の課題はそこにありました。
私たちの取り組みにより、現在私たちの手元に届けられた古着に関してはその90.8%を何らかの形で再資源化するまでに至っています。焼却処分をサーマルリサイクルと呼ぶことで、熱交換もまたリサイクルであるとの意見がありますが、「形あるものを出来得る限りそのまま活かしたい。物の命を全うさせたい。」その極々普通な感覚こそが大切なのだと私たちは考えています。
  古着をご提供くださる際は、以下のことにご配慮下さい。

1. 禁忌品を入れないようにしてください。
× 布団など中綿の入っているもの。
× ビニールコーティングされているもの。
× ひどい汚れや大きな穴などがあるもの。
× 繊維製品以外のゴミ。

2. 回収がお休みの期間はリサイクルボックスに入れないようにしてください。
事務所宛にお送りくださる際もこの時期は控えてください。
× お正月・お盆・ゴールデンウイークなど。

3. 遠隔地から送られる場合は、事務所宛にお送り下さい。

リユース販売
  最も状態の良いものは、いわき市内の小名浜・湯本にある、私たちが直営している店舗で販売されます。市民の皆様に形を変えずに再利用していただくことで、ごみ減量のための4R運動のひとつ、リユースを進めようとしています。

直営の店のほかにも、地域の産婦人科や小児科の病院の待合室に子供服のミニミニバザーコーナーを設置させて頂いたり、商店の一角に古着チャリティバザーコーナーを設けさせて頂くといった、ボランティアショップの協力体制もあります。更に、いわきを遠く離れた福島市にも地域の方たちの協力の下古着販売の店舗を設け、リユースを進めています。

店舗で販売しきれない古着は、地域内でのイベントバザーなどで格安で販売されます。
ザ・ピープルが運営する小名浜港第1・2号埠頭アクアマリンパークでのフリーマーケットを始め、年間通して50回以上のチャリティバザー・フリーマーケットに出店しています。販売価格は一般に大人用1枚400円・子供用1枚200円程度です。

特に好評なのは、子供服ばかり約7000点を集めて行う「おさがりバザー」です。市内で年2回、地域外で年2回程度開催されるこのバザーは、子育て中のお母さんたちに歓迎され、本会なりの子育て支援になっています。また、このおさがりバザーの会場でリサイクル手芸教室を地球環境基金の支援事業として同時開催するなど、古着リサイクルについて知っていただくための機会としても役立てています。
PCCヨークタウン大原店  電話番号 0246-52−1818
小名浜大原地内のヨークタウンアクロスプラザ大原店は、リサイクル手芸を楽しむ工房ぴーぷるを併設。
古着を文化に!の思いを皆様と共に実践しております。

営業時間 10:00〜19:00  休日ヨークタウンアクロスプラザ大原店の休業日